ブログ

東日本大震災に伴い全国に避難されている方々のための地域情報サイト

ブログ

「FOR子ども支援基金〜広域避難の子どもたちの夢の実現を!」第1回贈呈式

少し前の出来事のレポートとなりますが、5月8日(日)に、愛知県、岐阜県、三重県に避難している子どもたちの「夢や願い」を叶えるための品物を贈る「FOR子ども支援基金〜広域避難の子どもたちの夢の実現を!」第1回贈呈式を行いました。

「FOR子ども支援基金」とは?

東日本大震災および原発事故による、家族と離れての避難生活や、お友だちに別れの挨拶ができないままの避難、避難先が変わる度に学校が変わるといったことは、子どもたちに大きな負担となりました。そんな中でも5年以上の月日が経過し、避難してきた時は小さく幼かったお子さんも、今では小学生、中学生、高校生と、確実に成長しています。そして、支援活動の中で、見違えるほど大きくなった子どもたちとの会話の中から、こんな声を聴いていました。

「来年から中学生。部活は吹奏楽部に入ってトランペットを吹きたい。」
「自転車が小さくなったけど、弟もいるし、買ってといいづらいの。」

そんな子どもたちの身近な願いや将来の夢を応援するため、レスキューストックヤードでは、市民の方々や企業、団体から寄せられた寄付金を原資に、東海地域に避難されているお子さんを支援する「FOR子ども支援基金」を創設。「身近な願いや将来の夢」をテーマに作文(小さいお子さんの場合は絵)を募集し、選考委員会の選考を経て、学用品、楽器、スポーツ品等、願いを叶えるために必要な品物をプレゼントする事業を企画、今年度からスタートしました。

贈呈式の様子 〜子どもたちのいろんな夢・願い〜

今回の募集では、5歳から15歳までの19人に「夢や願いを叶えるために必要となる品物」を贈ることになりました。贈呈式では、少しだけ緊張しつつも、子どもたちは選考委員から目録を受け取ると、とっても素敵な笑顔を見せてくれました。選考委員からは「贈り物は多くの善意で可能になっています。次は誰かにその善意をリレーして欲しいです。」という言葉もありました。

子どもたちが描いた「夢」

  • 地震の後、たくさんのみなさんの優しさを感じ、世界の人々を支える活動をするため、本気で勉強したい。
  • 震災で落ち込んでいた私を笑顔にしたのはフラガール。私の将来の夢は、フラガールになって全国に笑顔と勇気を届けること。
  • 釣り好きだった福島のじいちゃんとは遠く離れてしまったけど、釣りを覚えてじいちゃんの笑顔が見たい。
  • プロのスケートボード選手になって、お母さんやみんなを笑顔にしたい。
  • 手芸が大好き。得意のミシンで家族や友だちに喜んでもらえるものを作りたい。
  • 兄弟みんなで使う机が欲しい。

県外避難者が抱える課題は、まだまだ解決していないことばかりですが、そんな中でも子どもたちには、応援している大人がいることを知ってもらいたいと思います。「FOR子ども支援基金」は、今後5年間続けていく予定です。

160801_rsy01

160801_rsy02